FUKUOKA EAST AREAFUK813

【ご自宅で】マンツーマンで韓国語レッスン。ハングルをたのしくやさしく覚えよう! 〜久冨 Dahee(ダヒ)先生

2019.09.17 暮らし・美容 / 1
福岡から近い海外といえば「韓国」ですよね。

飛行機だけでなく、高速船でもいけてしまう近さと、どことなく福岡と似た雰囲気に親近感を感じる人もいるのではないでしょうか?

さて、今回は韓国語の出張マンツーマンレッスンを行っている先生のご紹介です。

韓国・ソウルで生まれ育ち、小さいときから日本の文化に強く惹かれ留学生として来日。

以来、福岡に暮らし11年という在住歴を誇る久冨 Dahee(ダヒ)先生です。

さまざまなニーズに対応し、「読める」「話せる」以上に、「通じる」「理解できる」喜びを教えてくれるメニューが魅力です。

いったい、どんなカリキュラムなのでしょうか?

日本が大好きで福岡に11年

〜プロフィール〜

久冨 Dahee(ダヒ)さん
大韓民国ソウル特別市 出身
趣味:アニメ・ゲーム

大学生時代、留学生として来日。学生時代より日本に興味があり独学で日本語を勉強。来日以降さまざまな職種を経験し、現在は韓国語講師として活躍。日本企業向けに韓国企業との商談に同席する通訳業や、商品の翻訳なども行う。

どうなりたい? を大事に

Dahee(ダヒ)先生のレッスンは、堅苦しいテキストなどは極力使わないスタイルです。

とはいえ、「韓国語能力試験」や「ハングル能力検定試験」など公的な試験に応じたレッスンも用意されています。

それよりも一般の人が「韓国」と聞けば、やはり旅行でしょう。韓国に旅行で行った際、お買い物などの場面で、現地の人と会話したい・交渉してみたい需要は多いのではないでしょうか? まずは、そうした旅行で話せるようになること。「〇〇をください」「これはいくらですか?」「〇〇はどこですか?」など、日常会話が大事ですよね。

続いて、街に書いてある表記。空港や商業施設などに書いてあるハングル語が読めると、旅がずいぶんラクになるはずです。重要な注意書きを見逃しそうなときも安心です。

それと、韓流ドラマを字幕なしで楽しめるようになるカリキュラムもあるとのこと。 お目当ての俳優さんのセリフをダイレクトに理解したいニーズがあるそうです。

楽しんで続けられる工夫を

レッスンは、基本的に自宅に伺うスタイルをとっていますが、カフェや会議室でも対応しています(レッスン希望者側で用意)。

上記の希望に合わせて、1回60分〜おおよそ5000円〜となっています(交通費別途負担)。

グループレッスンにも対応しており、要望があれば団体用のテキストも用意してくれるそうです。

コース・料金例

※2019年9月24日 更新

(1)韓流コンテンツで勉強コース 60分 5000円

(2)電話で韓国語会話コース 〜月20回 1通話につき10分〜15分程度 15000円/月

(3)初級コース 60分 5000円

(4)中級以上コース 60分 5000円

(5)試験対策コース 60分 6000円 ※「韓国語能力試験」や「ハングル能力検定試験」に向けて対策するコースです。

(6)Skype オンラインレッスン 60分 3000円〜 などなど

教材に関しても親しみやすいイラストが使われているものや、例題がリアルな生活に沿ったもので、「いかにも」教科書的なレッスンというよりも普段の生活で使う韓国語を習うことができるでしょう。

検定対策から旅行、そして自宅で字幕無しの韓流ドラマを楽しむ……などなど幅広い要望に応えてくれるマンツーマンレッスンです。

すでに福岡市内で数十名の生徒さんがいるとのことで、なかなか予約がとれないかもしれませんが、韓国をより近く感じたい人にはピッタリな出張レッスンではないでしょうか?

レッスンを受けてみたい! と思った東区民の皆様、連絡先は以下のとおりです。

LINE ID
jdh8958

Email
dahee.2008.jung.ht@gmail.com

上記アドレスへコンタクトしてみてください。

株式会社ミニヨンのCONTACTページからも問い合わせをすることができます。

公式サイトも、只今製作中とのことですので、完成次第こちらにもお知らせいたしますね!

INFORMATION 久冨 Dahee(ダヒ)先生の「K-talk」(サイト制作中)//

スポット情報

名称
久冨 Dahee(ダヒ)先生の「K-talk」(サイト制作中)

WRITERこの記事を書いたライター

赤坂太一
赤坂太一ライター
2012年に福岡市に移住。東京時代、雑誌の編集プロダクションに勤務し、編集者として経験を積む。移住と同時にフリーランスのライター・カメラマンとして活動開始。東区の住心地の良さに、なかなか他のエリアに出かけられないジレンマを感じて7年が経過しようとしている。メイン業務は車や飛行機など乗り物・旅行系のメディア取材から、企業・自治体のパンフレットなどの制作物、保育園など教育施設など幅広く対応している。

関連記事