FUKUOKA EAST AREAFUK813

【にしてつ】オンデマンドバス「のるーと」に乗ってみた

スマートフォンアプリをインストールして設定してみよう

西鉄グループが2019年春より実証実験を開始しているオンデマンドバス「のるーと」。

アイランドシティ〜香椎浜〜千早あたりを走る様子を見かけた人もいらっしゃるかもしれませんね。

遅ればせながら、編集部でも乗ってみましたのでレポートしていきたいと思います。まず、アイランドシティからJR千早駅に向かおうと、まずはスマートフォンのアプリを立ち上げて、設定してみましょう(アカウントは作成しておきましょうね)。

画面下の「どこに行きますか?」をタップして……

「千早駅」を入力します。すると……

時間と料金を確認して、下の「配車を確定する」をタップ。

近隣の乗車場所と到着時間が表示されますので、待ちましょう。

じっさいに千早駅からアイランドシティ行きに乗ってみた

先程の手順で予約して、千早駅からアイランドシティまで乗ってみることに。予約が完了すると、アプリ内のマップ上に車両が近づいてくる様子が確認できます。

※公式サイトより

ちなみに停車スポット情報は上のマップのとおりです。ここからイオンモール香椎浜と千早駅が停車場所となります。アイランドシティから千早に向かうときはイオンモール香椎浜には停車できません。

停車スポットのリストは以下の通りです。

さて、のるーとの車両が千早駅に到着したので乗り込んでみます。

電子マネーかクレジットカードが便利

日産のキャラバンがベースとなっており、最大8人まで乗ることができます。ご家族の利用も可能です。乗り込むと登録してある電話番号の下4桁を伝えると確認がとれます。

2列目に座るとこんな風景。そして後ろを振り返ると

こんな感じです。ではアイランドシティまでお願いします!

イオンモール香椎浜の前を通り、

到着! ここまでの料金は400円でした。通常の西鉄の路線バスと比較すると約2倍といったところでしょうか。ただ、ちょうどよい時間に必ずバスの本数が揃っているわけではないので、タイミングの良い方を選びましょう。

電子マネーのリーダーがありますので、nimoca(ニモカ)などの交通系電子マネーが使えます。アプリにクレジットカード情報を登録すると予約時点で決済が完了します。乗ってみた感想としては、アプリ登録しておけば、意外とアッサリ乗れる印象ですね。

「ミーティングポイント」と呼ばれる乗り場には、こんな目印がありますので、香椎照葉にお住まいの方は見かけたことがあるかもしれませんね。

こうした位置情報サービスを生かした乗り合いバスは、日本各地で実証実験が行われていますが、アイランドシティも福岡市の中でも社会実験がいち早く行われる場所としても注目されていますね。

今後の展開についてもまたレポートしていきます!


INFORMATION のるーと/, , /

スポット情報

名称
のるーと
URL
https://knowroute.jp/

WRITERこの記事を書いたライター

赤坂太一
赤坂太一ライター
2012年に福岡市に移住。東京時代、雑誌の編集プロダクションに勤務し、編集者として経験を積む。移住と同時にフリーランスのライター・カメラマンとして活動開始。東区の住心地の良さに、なかなか他のエリアに出かけられないジレンマを感じて7年が経過しようとしている。メイン業務は車や飛行機など乗り物・旅行系のメディア取材から、企業・自治体のパンフレットなどの制作物、保育園など教育施設など幅広く対応している。

関連記事