FUKUOKA EAST AREAFUK813

【香椎照葉】高級豆の試飲がオススメ! ハニー珈琲アイランドシティ店

福岡市東区、あちこちに個性的なカフェがあって、特に香椎エリアを中心に「カフェの街」といった印象がありますね。

清川に本店をもつ「ハニー珈琲」さんがアイランドシティにもあるのをご存知ですか? ビルの1フロアすべてが店舗スペースということもあって、広々とした空間が素敵なお店でした。

では、ご紹介していきましょう〜。I.C.メディカルビルに到着したらエレベーターで5階へ。

広〜い店内とテラスでリラックス

こんな感じ。伸び伸びと過ごせる空間です。

ソファー席、大きなタイプで身体をしっかり預けることができます。寝ちゃいそうですね。

このソファー席はお店の西側にあり、窓から志賀島に沈む夕日を見られるとか。冬はまっすぐ落ちるところを見られるそうです。

試飲の種類がすごいことに!

厳選された豆が数多くの種類、販売されています。昔からのハニー珈琲のファンの方で東区在住の方が、こちらの方が近いということで買いにこられているのだとか。そして販売スペースの下を見てみると……。

ほとんどの銘柄が試飲できます。なかなか目にする機会のない高級豆もあります。

何種類か試飲させていただいたのですが、これまで飲んだことがないフレーバーのものが多く、新鮮な体験でした。種類によってはフルーツのような後味というか風味が感じられるものもあったり。少々お高くはありますが、好きな人にはたまらないんでしょうねえ。

フレンチプレスのボトルも販売されていましたよ。

この試飲システム、「冷めたら美味しくないんじゃない?」と思われるかもしれませんが、スタッフの方いわく、「取り扱っている品種はこうして淹れたあとに時間が経って、冷めても美味しいものを用意しています。ぜひ試飲しにきてほしいですね。この種類を揃えているカフェもなかなか少ないと思います」とのことでした。

まだ飲んだことのないコーヒーを求めている人には、ぜひ足を運んでほしいです。

箱崎にあるパンストックのパンも味わえる

厚切りトーストセット(810円)を注文してみました。

その日のドリップコーヒーとアイスクリームがついてきます。

パンは、箱崎にあるパンストックから仕入れた「パン・ド・ミー」が使わており、表面は軽くサクッ、中はモチモチとしたトーストになっています。

取材当日は、屋外がとても暑く特別にアイスコーヒーにしていただきました。ありがとうございます! アイスコーヒー(単品400円)は水出しタイプです。

この他、パンストックのパンが4〜5種類、432円で購入可能です。その場で温めてもらえるので本体の美味しさも引き立った状態で食べられますね。

近いうち、パンストックさんにも行かなければ……。

肝心のドリンクメニューですが、シングルオリジン(500円)、カフェモカ(500円)、カフェラテ(400円)、キャラメルラテ(500円)、ほかにソフトドリンクなどもあります。

気軽にコーヒーを楽しめるドリップバッグ

最近、どんなカフェでもドリップパックが販売されているのを目にしますね。

1杯ずつお湯を注ぐだけとかんたんに本格的なコーヒーが味わえるので、気軽に購入できて、またちょっとしたプレゼントなんかにも最適です。

ハニー珈琲さんでは、ドリップ「バッグ」が販売されているのですが、なんとティーバッグスタイルなんです。

このように、カップにポンと入れてお湯を注ぐだけ。カンタンですね!!

時間があるときは、300mlくらいの量でも十分な味の濃さになるそうです。

一つ140円〜と気軽に購入できるのはいいですね。詰め合わせもあって、色々試すこともできます。

ビルの最上階(5階)のカフェということで、周囲の景色を眺めながらゆったりとコーヒーを味わえるお店です。

週末は志賀島や海の中道海浜公園からの帰り道による人も多いそうで、アイランドシティを通る方にはぜひ行っていただきたいと思いました。

コーヒーのことをわかりやすく説明していただき、大感謝です。

お邪魔しました〜!

INFORMATION ハニー珈琲 アイランドシティ店//

アクセス

駅からのアクセス:香椎駅から徒歩約35分

車でのアクセス:博多駅から都市高速経由で25分(11km)

駐車場:あり(店舗に要確認)

スポット情報

名称
ハニー珈琲 アイランドシティ店
住所
福岡県福岡市東区香椎照葉3丁目4−5 I.C.メディカルビル5F
営業時間
10:00〜18:00
定休日
火曜日
電話番号
092-292-7668(本店)
URL
http://www.honeycoffee.com/5abouthoneycoffee8islandcity.html

WRITERこの記事を書いたライター

赤坂太一
赤坂太一ライター
2012年に福岡市に移住。東京時代、雑誌の編集プロダクションに勤務し、編集者として経験を積む。移住と同時にフリーランスのライター・カメラマンとして活動開始。東区の住心地の良さに、なかなか他のエリアに出かけられないジレンマを感じて7年が経過しようとしている。メイン業務は車や飛行機など乗り物・旅行系のメディア取材から、企業・自治体のパンフレットなどの制作物、保育園など教育施設など幅広く対応している。

関連記事