FUKUOKA EAST AREAFUK813

【香椎照葉】土日も診療!地域のかかりつけ的存在「まえだクリニック」

2020.01.15 病院 / 香椎照葉 / 駐車場あり / 1

アイランドシティで開業し4年目。地域のかかりつけ医に

香椎照葉には、こども病院など医療施設が集中している一角があり、増え続けるアイランドシティの住民のみならず、周囲のエリアからも患者さんが多く訪れています。今年度には福岡高速6号線の開通も控えており、アクセス向上によるさらなる人の往来が増えるでしょう。

その一角にあるI.C.メディカルビルにも様々な医療系施設が入居していますが、今回は2階にある「医療法人海陽会 まえだクリニック」さんを紹介します。

I.C.メディカルビルには、前回紹介したハニー珈琲さんも入居していますね。

では、まずビルのエントランスへ入りエレベーターで2階へ。
ウッド調の柔らかい雰囲気の待合室です。電源付きのカウンター席もあります。

主に内科・消化器内科・肝臓内科を専門としてるまえだクリニックさんですが、じっさいどんな病院なのか、院長の前田正彦さんにお話を伺いました。

アイランドシティの移り変わりとともに患者も変化する

医療法人海陽会 まえだクリニック 院長/医学博士 前田正彦さん

「当院は、主に内科や消化器内科を専門としている病院です。肝臓病や甲状腺系の病気、糖尿病などの診察が多いですね。最近では、喘息、睡眠時無呼吸症候群、高血圧や高脂血症の患者さんが増えてきています。

このエリア(アイランドシティ)は、この先もマンションや小学校が増えていくので、全体的な人口はもちろん、お子さんも増えていくと思います。時間とともに年齢比率が変化していくのも特徴でしょうね。

土日(午前のみ)も診察しています。平日お勤めされていると、なかなか通院するのも難しいでしょうから、週末にご来院いただけるようにしています。アイランドシティに住まわれている方以外にも、周辺エリアからも診察に来られる方が増えてきていますね。

また、なんとなく通院をやめてしまうことが往々にしてあると思うのですが、治療継続が必要な患者さんには、お手紙を出すこともあります。さらにスマートフォンでご自分のカルテが見られるようにQRコードを発行もしています。これで自分のカルテ記載、検査結果、処方薬の情報なども見られます。

さらに当院は、海外赴任される方向けのトラベルクリニックとして、検査やワクチン接種、薬物携帯証明書の発行などにも対応しています。これは福岡県内でも対応する病院が少ないと思います。

アイランドシティは、今後さらに活気が出てくるでしょう。この街と共に成長していき、『街のかかりつけ医』のような存在になれればと思います」。

まえだクリニックの特徴をお話しいただきました。土日診療、トラベルクリニックといった、貴重さをかけ合わせ周辺住民にとってありがたい診療スタイルであることがよくわかりました。前田院長、ありがとうございました! 院内にはトラベルクリニックであることを証明する案内が掲示されていました。

駐車場完備など通いやすい立地

I.C.メディカルビルには車でアクセスがオススメです。まずビルの前に到着すると……。 ビル正面の誘導路に入り、左側を進み奥へ。 すると患者用の駐車場に到着します。エントランスは裏側からも入ることができますので、そのままエレベーターに進めます。

公共交通機関を利用するには、タクシー・西鉄バスがオススメです。西鉄バスの場合、千早駅前から【1・アイランドシティ照葉】行きに乗って、終点である「アイランドシティ照葉」バス停で降りると、目の前にビルが見えます。

周辺住民にとって土日の診療は心強い存在であり、大きな安心感にもつながりますね。

まえだクリニックの皆様、ありがとうございました!

INFORMATION 医療法人海陽会 まえだクリニック//

アクセス

駅からのアクセス:千早駅

車でのアクセス:福岡高速・香椎浜出口から6分(2.1km)

駐車場:あり

スポット情報

名称
医療法人海陽会 まえだクリニック
住所
福岡県福岡市東区香椎照葉3-4-5 I.C.メディカルビル2F
営業時間
9:00~13:00(受付は12:30まで) 14:30~18:30(受付は18:00まで) 木・土・日は午前のみ診療
定休日
なし
電話番号
092-410-5222
URL
https://www.islandcity-maeda-clinic.com/

WRITERこの記事を書いたライター

赤坂太一
赤坂太一ライター
2012年に福岡市に移住。東京時代、雑誌の編集プロダクションに勤務し、編集者として経験を積む。移住と同時にフリーランスのライター・カメラマンとして活動開始。東区の住心地の良さに、なかなか他のエリアに出かけられないジレンマを感じて7年が経過しようとしている。メイン業務は車や飛行機など乗り物・旅行系のメディア取材から、企業・自治体のパンフレットなどの制作物、保育園など教育施設など幅広く対応している。

関連記事