FUKUOKA EAST AREAFUK813

【香椎浜ふ頭】「みなと100年公園」は美しい博多湾を一望できる広大な臨海公園

福岡市東区西鉄名島駅から車で約10分ほど行ったところ、香椎浜ふ頭にある「みなと100年公園」
コロナ禍でのお出掛けはまだまだ制限がありますが、今回ご紹介する公園などはソーシャルディスタンスを保ちながら楽しめるのではないでしょうか?

「みなと100年公園」周辺には香椎浜公園や野球場、物流センターや倉庫などが並ぶ通りにあります。

関連記事:【香椎浜】美しい海と街並みが融合した「香椎浜北公園」と海岸を見ながら走れる一押しジョギングコース

「みなと100年公園」は博多港の開港100周年を記念して作られた記念公園!


福岡市東区にあり博多港の開港100周年を記念して平成11年につくられ、博多湾をはじめ箱崎ふ頭と香椎パークポートを結ぶ香椎かもめ大橋を一望できるその広さなんと12ヘクタールという広大な公園です!
公園内には港の見える丘・ピクニック広場、遊具広場、岩山広場、芝生広場、多目的広場などがあります。目の前が海なので遮るものがなく、心地よい海風が感じられる開放的な公園なので、ジョギングや散歩をしている人、家族で遊ぶ姿や釣りをしている人も多く見かけました。春には桜が咲くので、お花見やピクニックなど多くの方が利用しやすいのも特徴です。

「みなと100年公園」はトイレ・遊具・釣りスポット・ジョギングコースもあります。

隣には「香椎浜公園野球場」があります。少し高い丘になっているので、天気の良い日は野球場の様子が見えるかもしれません。

公園内にはトイレがあるので、長時間の滞在や小さなお子さん連れの家族でも安心して利用できます。車いすの方なども利用しやすい多目的トイレもありました。

「みなと100年公園」にはアスファルトのジョギングコースがあり、地面に標識や距離の表示もあります。美しい海や各広場ごとで景色が変わるので歩くだけでもかなり楽しめるコースです。

こちらが、「多目的広場」です。キャッチボールやフリスビーなどが軽くできるほどの広さがあり、地面は芝生のように草が一面生えているので、小さな子供でも思い切り遊ぶことができます。

続いて「らせん広場」です。高さはそれほどないですが、広場が丘になっていてらせん状に登れるので博多湾とかもめ大橋が見渡せます。

海が目の前にあり、波の音と潮の香りがほんのり感じられる海風が吹いています。ゆったりした時間を過ごせて、福岡市東区内にあるエリアとは思えないほどとても開放的な場所です。忙しない日常や仕事に疲れたときのリフレッシュにはピッタリですね!

こちらが「芝生広場」です。多目的広場より広々としています。この日は、プロモーション音楽動画の撮影をしているバンドの方々がいて、いろいろな活用をされていることが分かります。

ここは「浸水階段」がある場所で、ちょうど釣りをしている方もいました。

「岩山広場」は、大きな岩がたくさんあるエリアです。

岩に登ってみたり、追いかけっこやかくれんぼをするととても盛り上がる場所です。

私もついはしゃいで登ってしまいました‥笑

「遊具広場」は、風でくるくる回るオブジェが目印です。ネットの上を渡れる遊具や斜めになった登れる壁などがありました。

「ピクニック広場」です。机といすがそれぞれ設置されていて、各スペースが仕切られているので他の利用者を気にせず使えるのはすごく嬉しいですね!そこそこの広さがあるので、家族や親戚・会社や友達同士の集まりでも十分に使えます。

「河口広場」は、かもめ大橋が目の前に見える広場です。
こ〜んな感じで登るとよりかもめ大橋が見やすくなるますよ〜笑

「みなと100年公園」は専用駐車場(有料)があります!

「みなと100年公園」の駐車場は1時間まで¥100、利用時間が1時間超えるごとに100円加算され、最大¥500になります。

専用駐車場は2か所あり、第1駐車場は62台、第2駐車場は178台駐車できます。

名島駅から車で約10分ほどのところ、香椎浜ふ頭にある「みなと100年公園」

博多湾をはじめ箱崎ふ頭と香椎パークポートを結ぶ香椎かもめ大橋を一望できる最高のロケーションと、ピクニックやちょっとしたレジャースポットとして人数やシチュエーションにとららわれないさまざまな楽しみ方ができる公園です。
コロナ禍でも楽しめる休日のお出かけスポットとして、美しい海と波の音が聞こえる開放的な公園で家族や友達とゆったりした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

INFORMATION みなと100年公園//

アクセス

駐車場:あり(240台)

スポット情報

名称
みなと100年公園
住所
福岡県福岡市東区香椎浜ふ頭1丁目1
営業時間
4:00~23:00
定休日
なし
電話番号
092-282-7115
URL
http://www.fukuokayokatoko.com/?MN_disp_report=1;g=17;a=1;i=105

WRITERこの記事を書いたライター

Tommy
Tommyライター
福岡県出身。メーカーで現場責任者として勤務しながら、趣味の海外・国内旅行を満喫中。ひょんなことからFUK813メンバーとして活動をスタート。主にグルメ担当。
好きなこと:旅行・食べること・釣り・バスケ・バイク・DIY・音楽

関連記事