FUKUOKA EAST AREAFUK813

【九産大・唐原】創業42年の歴史をほこり地元民に愛されるレストラン「ハロー唐原店」でボリューム満点のランチ

2019.09.24 レストラン / 唐原 / 喫煙OK / 0
JR九産大駅前すぐ、和白通り沿いにある飲食店が立ち並ぶゾーン。その一番北側にあるレストラン「ハロー唐原(とうのはる)」さんにお邪魔して、ランチをしてきました。駅のホームからも見えるほどに近く、電車でのアクセスも良いです。

全メニュースープ付き。定食はライスとともにおかわり自由

お昼時にお邪魔したので、やはりメニューはランチから。メニュー表の一部をお見せすると、 洋食がメイン、かつ豊富なメニューであれもこれも、と迷ってしまいそうです。 そして全メニュー、スープ付きです。この日は、薄切り牛肉で味付けされたものでした。この美味しいスープを味わいつつ、料理を待ちます。 まず、店頭に掲示されていた日替わりランチ(650円)。 この日は、チキンソテーの和風味とクリームコロッケ。編集部一同、「コロッケ!!!」と、迷いに迷っていました。ドリンク1杯無料で650円はお得ですね。右側がコロッケです。期待通り、フワフワのコロッケ、最高でした……。続いて、 ポークカツレツ定食(860円)。ロースのカツレツの柔らかさ、これは幸せの味です。大根おろしでさっぱり、醤油ベースのソースとタルタルソースの2種類で、飽きさせない工夫が嬉しいですね。 ハンバーグカレーは790円。柔らかいハンバーグを崩しながらカレーに絡める。最高ですよね。 そしてそして、メニュー表の中でひときわ存在感を放っていたコチラ、 スーパージャンボチキンカツ定食(690円)!!! ジャンボなのに、さらにスーパーですよ! ソースが和風やカレー、照りマヨなど7種類から選べます。ちなみに定食はライスとスープおかわり自由です。 まず、チキンカツの大きさにビックリするのですが、さらに驚くのがその柔らかさです。 食べざかりの九産大生さんたちの胃袋を日々満たしているのかな、とか想像してしまいました。 これだけ大きいとソースが2つ選べたりするとカンペキかもしれませんね。

老舗ならではの落ち着いた店内の雰囲気が◯

店内は濃い木目調の壁が落ち着ける雰囲気。地元のマダムも井戸端会議に花を咲かせていました。ついつい長いしたくなる雰囲気、ありますね。豊富なメニューに何度も足を運びたくなる場所です! さらに深夜1時まで営業しているのも特徴ですね。ごちそうさまでした!

おまけ&予告:千早店の店内には珈琲豆の焙煎機

千早にも店舗があります。別記事でご紹介しますが、スポーツガーデン内にありますのでボーリングやバッティングセンターの前後に行ってみるのが良いかと思います。 カウンターから4人がけのテーブルまで、余裕の広さが魅力です。店内には珈琲豆の焙煎機が存在感を放っていました。これは一見の価値ありですね!

INFORMATION ハロー唐原店//

アクセス

駅からのアクセス:JR九産大駅から徒歩約4分

車でのアクセス:博多駅から約25分(11.3km)

駐車場:あり

スポット情報

名称
ハロー唐原店
住所
〒813-0001 福岡県福岡市東区唐原1丁目2−43
営業時間
11:00〜1:30(※平日 LO 1:00)
定休日
年末年始
電話番号
092-410-1261
URL
https://peraichi.com/landing_pages/view/u553o

WRITERこの記事を書いたライター

赤坂太一
赤坂太一ライター
2012年に福岡市に移住。東京時代、雑誌の編集プロダクションに勤務し、編集者として経験を積む。移住と同時にフリーランスのライター・カメラマンとして活動開始。東区の住心地の良さに、なかなか他のエリアに出かけられないジレンマを感じて7年が経過しようとしている。メイン業務は車や飛行機など乗り物・旅行系のメディア取材から、企業・自治体のパンフレットなどの制作物、保育園など教育施設など幅広く対応している。

関連記事