FUKUOKA EAST AREAFUK813

【箱崎】2019筥崎宮放生会大祭(ほうじょうや)の出店でボディペイントをしてもらった!

2019.09.14 イベント / 箱崎 / 駅チカ / 0
放生会(ほうじょうや)が9月12日から9月18日の間で開催されています。その出店の規模はなんと、500軒以上! その中でもなかなか珍しい「ボディペイント」の出店でかわいいアートをしてもらいましたのでレポしたいと思います。

約7年前から出店している「ボディペイント」の出店

店員さんの話によると、放生会(ほうじょうや)では約7年ほど前から「ボディペイント」の出店を出しているそうです。毎年人気で、何人ものお客様がペイントされていくそうで、今回挑戦してみることにしました。

ボディペイントとタトゥーとの違いは?

タトゥーとは違って、皮膚上にエアスプレーで特殊メイク用の塗料を吹き付けるタイプなので、お風呂に入ったりメイク落としを使ったりすることで消えてしまうそうです。持続はだいたい長くても3日〜4日ほど。

さっそくFUKスタッフが挑戦

柄によって500円・1000円・1500円と値段が違い、かっこいいものからかわいいもの、キャラクターものまで絵柄が揃っています。オリジナルのペイントではなく、型が決まっているものから選んでいきます。

どこにペイントするかを決め、位置を調整

部位、傾きや位置を調整するために、一度型を体に当てていきます。自由に調整できるのですが、結構迷ってしまうので、ざっくり決めていくことをおすすめします。

アルコール消毒をしてシールをペタリ

型はシール状になっていて、選んだ型をペイントする場所にぺたりと貼っていきます。その際に色を選ぶことができます。グラデーションにしたり、一部を違う色にしたりと、好みで注文しましょう。

エアブラシで慎重にペイント開始

痛みもなく、シューッと吹きかけられるだけなので時間もかかりません。あっという間にペイント完了。型選びからペイントまでわずか5分程度で終わりました。

そして完成。きれいな仕上がり

タトゥーと違って色味や浮き出し感に違和感はありますが、とにかくかわいい仕上がりになりました。これが数日で消えてしまうなんてもったいない!

さいごに・・・

一時的にファッションタトゥーをしてみたい方や、露出の多い夏の間だけ楽しみたい方にはぴったりかもしれません。選べる柄も多いので、放生会(ほうじょうや)に行った際はぜひ立ち寄ってみてください!

INFORMATION 2019筥崎宮放生会大祭//, ,

アクセス

駅からのアクセス:JR箱崎駅より徒歩8分、地下鉄箱崎宮前駅すぐ

車でのアクセス:国道3号線沿い

駐車場:あり(かなり広め)、近隣パーキングあり

イベント詳細

イベント開催日:2019年9月12日〜2019年9月18日

開催場所:筥崎宮参道

特設サイト:https://www.hakozakigu.or.jp/omatsuri/houjoya/

スポット情報

名称
2019筥崎宮放生会大祭
住所
福岡市東区箱崎1-22-1

WRITERこの記事を書いたライター

加藤 若菜
加藤 若菜サイト責任者・ライター
中学時代から趣味でWeb制作を行う。19歳で家で仕事がしたいと思うようになりこのWeb制作を仕事にしようと決意。「25歳で独立・30歳で起業」を目指し、SE・コンテンツディレクター・広告代理店の経験を経て、25歳に独立。クラウドソーシングでWeb制作の実績を積みながら、テレビや雑誌などのメディアに取材を受け、オンライン講座の講師や、全国各地でセミナー講師を行うなど幅広く活動する。

関連記事